森のクラフト屋 Home 森のクラフト屋



●粉石鹸のクシャミについて●


 当方の粉石鹸は微粉末ですから使用時にどうしてもクシャミがでてしまいます。成分的には、体内に入っても害になることはありませんが、 やはり気になります。顆粒状にすれば大分違うのでしょうが「設備費」 が非常に掛かり、大量生産しなければなりません。手作りで生産するためには、溶け易くするため、微粉末にするのが経費的にも一番なのです。 次のようなことをお客様に答えるとしかられてしまうかも知れませんが、 「ほんの一時、息を止めてほしいのです」これは、製造する側の言い訳と取らないでほしいのですが、この問題の場合は「入れる時だけ、ちょ っと息を止める」事が「コツ」です。
その他にも「ちょっと・・・・・する。」工夫が必要な場合が「石鹸生 活」には多々あります。すすぎの時、食酢をさかずき一杯入れると仕上 げ剤不要とか、白いソックスの汚れは、固形石鹸を塗り込み、一晩水に ひたしておくと、特に揉み洗いしなくても洗濯機で簡単にきれいになるとか。

とにかく現代は、なにもかも便利になりすぎ、またそれが当たり前にな っておりますが、便利もかげに「怖さ」を感じます。遺伝子組替野菜や 農薬などもその一種です。草取りや土作りの必要なく、すべて薬で間に 合いますが、落し穴もあります。ちょっとガマン、ちょっと工夫が生活 をかえていくのではと思います。 しらかば石鹸での洗濯は「粉石鹸を入れる時、ちょっと息を止めて」な んて、ある意味では今の時代、楽しいかも。合成洗剤はそんな必要ない けど、でも「ちょっと・・・」することで安全な暮らし、そして環境を も守れるなんて。うちの商品が、何もかも便利すぎ、工夫を必要としな い現社会に、「・・・・・・することにより」といった条件付きの安全生活の入り口になれたらとも思います。



| 石鹸のQ&A 一覧へ |